メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

19年度から小中学校の授業で茶道、華道体験 京都市教委

華道家元池坊の「初生け式」で花を生ける門弟たち=京都市中京区で2019年1月5日午前8時40分、川平愛撮影

 京都市教委は12日、来年度から市立小学校で茶道、市立中学校で華道を体験する授業を順次始めると発表した。2021年をめどに文化庁が京都に全面移転することも踏まえ、伝統文化を通じて所作や礼儀、道具を大切にする心などを学ばせる。市教委は「全国的にも珍しい取り組み」としている。

     道徳や総合学習の授業での体験を想定している。19年度予算案に茶わんや釜など必要な道具の購入費や講師代として900万円を計上。市立小全165校と市立中全73校が対象で21年度までに全校に拡大する方針。少なくとも在校中に1回は体験できるようにする。

     市内には茶道三千家や華道家元池坊など各流派の家元が集まり、茶道や華道をたしなむ人が多く、各流派や地域団体から講師を招くことができる環境が整っていると判断した。【飼手勇介】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子
    2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
    3. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
    4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
    5. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです