メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福北ゆたか線が一時不通 トラックが積んでいた植木で架線切断か JR九州

 12日午前6時10分ごろ、JR筑豊線(福北ゆたか線)の鞍手(福岡県鞍手町)―筑前植木(同県直方市)間で架線が切れる事故があり、一部が不通となった。トラック運転手の男性(45)が運転するトラックが鞍手駅近くの踏切を通った際、積んでいた植木で架線を切断したとみられる。

     JR九州などによると、同駅近くで2両編成の普通列車が動けなくなり、乗客25人が代替のバスに乗り換えた。事故の影響で陣原(北九州市八幡西区)―直方(同県直方市)間、若松(北九州市若松区)―直方間で一時、運転を見合わせ、約1万5000人に影響が出た。【石井尚】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
    2. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
    3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
    4. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
    5. WEB CARTOP 明らかに健康に悪そう! いまだに地方で黒煙を上げる大型ディーゼル車が走っているワケ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです