メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AIで水位予測へ 豪雨時の早期避難に 国交省九州技術事務所

西日本豪雨では筑後川流域の中小河川が氾濫し孤立した住民がボートで救助された=福岡県久留米市北野町で2018年7月7日、高芝菜穂子撮影

 国土交通省九州技術事務所(福岡県久留米市)は豪雨時の住民の早期避難につなげるため、中小河川の水位を人工知能(AI)で予測するシステムを開発した。川幅の狭さなどから中小河川の水位は変化が速く推計が困難だったが、過去のレーダー雨量や水位を学ばせる深層学習(ディープラーニング)によって数秒で予測できるようにした。

 システムは過去の中小河川上流部の雨量と、中下流部の水位を学習したAIが傾向を把握。豪雨時に上流部の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです