メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業主導型保育所、自治体や事業者などが協会設立へ 福岡市

おやつを食べるサンサン保育園の園児たち=福岡市西区で、徳野仁子撮影

 待機児解消策として始まった「企業主導型保育事業」に携わる福岡市や近郊の約15の事業者が連携し、運営ノウハウや保育の質の向上を目指す「企業主導型保育協会」を今月設立する。制度開始からまだ3年だが、定員割れや園休止といったトラブルも出ていることから、保育士確保や情報発信で協力し、新しい保育形態を子育て世代や保育士に広く知ってもらおうと結集した。

 「企業勤めの子供でないと入れないと思っている親もまだ多く、周知が課題」。福岡市東区に昨年3月に開園…

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1057文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  4. 皮膚の細胞から3Dプリンターで人工血管 透析患者への移植を申請
  5. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです