ボランティアコーディネーターを養成へ 大阪府

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪北部地震で、水道管が破裂したマンションの部屋から家具などを運び出すボランティアたち=大阪府吹田市で2018年6月23日、幾島健太郎撮影
大阪北部地震で、水道管が破裂したマンションの部屋から家具などを運び出すボランティアたち=大阪府吹田市で2018年6月23日、幾島健太郎撮影

 大阪府は来年度から、大規模災害の発生時に各市町村に設けられるボランティアセンター(VC)の運営などを担う「ボランティアコーディネーター」の養成に乗り出す。昨年6月の大阪北部地震でVC運営業務の負担が大きかったことを受け、これまで市町村の役割と位置付けてきたボランティアの調整に府が積極的に関わるよう方針転換する。

 震度6弱を観測した同府高槻市では、発生2日後の6月20日に市社会福祉協議会(社協)がVCを発足させた。市内で2万棟以上の住宅被害が確認され、屋根のブルーシート張りや家財の片付けのニーズが高く、全国から延べ1200人がボランティアに参加した。VCの運営は被災者からの要望の聞き取り、ボランティアの受け付けや仕事の割り振り、送迎など多岐にわたり、7月下旬の閉鎖まで市社協職員約20人が専従で対応。非正規…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文795文字)

あわせて読みたい

注目の特集