メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボランティアコーディネーターを養成へ 大阪府

大阪北部地震で、水道管が破裂したマンションの部屋から家具などを運び出すボランティアたち=大阪府吹田市で2018年6月23日、幾島健太郎撮影

 大阪府は来年度から、大規模災害の発生時に各市町村に設けられるボランティアセンター(VC)の運営などを担う「ボランティアコーディネーター」の養成に乗り出す。昨年6月の大阪北部地震でVC運営業務の負担が大きかったことを受け、これまで市町村の役割と位置付けてきたボランティアの調整に府が積極的に関わるよう方針転換する。

 震度6弱を観測した同府高槻市では、発生2日後の6月20日に市社会福祉協議会(社協)がVCを発足させ…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文795文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです