メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボランティアコーディネーターを養成へ 大阪府

大阪北部地震で、水道管が破裂したマンションの部屋から家具などを運び出すボランティアたち=大阪府吹田市で2018年6月23日、幾島健太郎撮影

 大阪府は来年度から、大規模災害の発生時に各市町村に設けられるボランティアセンター(VC)の運営などを担う「ボランティアコーディネーター」の養成に乗り出す。昨年6月の大阪北部地震でVC運営業務の負担が大きかったことを受け、これまで市町村の役割と位置付けてきたボランティアの調整に府が積極的に関わるよう方針転換する。

 震度6弱を観測した同府高槻市では、発生2日後の6月20日に市社会福祉協議会(社協)がVCを発足させ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです