「沖縄の思いを全国へ」県外出身大学生が模擬投票 県民投票14日告示

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
沖縄県名護市の北部農林高校前で行ったシール投票で高校生の意見を聞く大学生=名護市で2019年2月7日、佐野格撮影
沖縄県名護市の北部農林高校前で行ったシール投票で高校生の意見を聞く大学生=名護市で2019年2月7日、佐野格撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、埋め立ての賛否を問う県民投票(24日投開票)が14日に告示される。若い世代に関心を持ってもらおうと模擬投票や基地視察などに取り組む大学生の中心メンバーには県外出身の学生たちもおり、「沖縄の人々の思いが全国に届き、問題の解決につながってほしい」と期待している。

 名護市にある名桜大1年の川崎将吾さん(19)は7日、友人らと一緒に市内の北部農林高校前に立ち、高校生らに「シール投票」を呼び掛けた。辺野古移設について、県民投票と同じ「賛成」「反対」「どちらでもない」の3択を書いたボードを用意し、シールを貼り付けてもらった。

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1071文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集