メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100万枚以上流通のごみ袋に強度不足判明 製造過程で不純物混入 滋賀

強度不足が判明した滋賀県長浜市の「家庭用可燃ごみ指定袋」=2019年2月12日、若本和夫撮影

 滋賀県長浜、米原両市のごみを処理する広域行政組合「湖北広域行政事務センター」(長浜市八幡中山町)は12日、「家庭用可燃ごみ指定袋」(ポリエチレン製)の一部に強度不足が見つかったと発表した。既にスーパーや家庭に100万枚以上が出回っており、同センターや両市役所で新品との交換に応じる。

 同センターによると、対象は中国製で右下に「Y18」と印字されている袋の一部。岐阜県内の納入業者から昨年10月に大袋(45リットル袋)234万枚、中袋(30リットル袋)140万枚、小袋(20リットル袋)50万枚が納品され、うち大65万枚、中38万枚、小4万4000枚はセンターから出荷された。

 昨年12月ごろから同センターや両市に「破れやすい」などの苦情が約50件寄せられ、検査の結果、一部が日本工業規格(JIS)の強度を下回っていた。中国の工場での製造工程で無機物が混入したのが原因とみられる。

 問い合わせは同センター(0749・62・7143)。【若本和夫】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  4. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  5. 特集ワイド 結婚は「多くの人納得」必要? 女性皇族の「自由恋愛」定着したが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです