メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100万枚以上流通のごみ袋に強度不足判明 製造過程で不純物混入 滋賀

強度不足が判明した滋賀県長浜市の「家庭用可燃ごみ指定袋」=2019年2月12日、若本和夫撮影

 滋賀県長浜、米原両市のごみを処理する広域行政組合「湖北広域行政事務センター」(長浜市八幡中山町)は12日、「家庭用可燃ごみ指定袋」(ポリエチレン製)の一部に強度不足が見つかったと発表した。既にスーパーや家庭に100万枚以上が出回っており、同センターや両市役所で新品との交換に応じる。

 同センターによると、対象は中国製で右下に「Y18」と…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです