メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「泉の広場」撤去後はLEDモニュメントに 大阪・梅田

「ホワイティうめだ」にある「泉の広場」を改修した後のイメージ図=大阪メトロ提供

 大阪・梅田の地下街「ホワイティうめだ」の運営会社は12日、ホワイティの約3分の1を大規模改修すると発表した。訪日外国人に人気の飲食店を集め、待ち合わせ場所として知られる「泉の広場」では噴水を撤去した後に発光ダイオード(LED)を使ったモニュメントを設ける。5月初旬に着工、11月下旬の開業を目指す。

 改修するのは、泉の広場を中心とする約8900平方メートル。この付近は1970年に完成しており、壁面などが劣化していた。現在は雑貨や衣服などの店と飲食店が混在しており、これを飲食店や食品販売店などに特化する。店舗数は現在の40店から35店に減らすが、店舗の年間売り上げは現在より15%高い40億円を目指す。総事業費は約58億円。

 改修する場所は1日当たり約5万人が通るが、工事中は通行止めにする。運営会社は大阪メトロの子会社。【釣田祐喜】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  2. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  3. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  4. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す
  5. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです