メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天皇陛下のハゼ、タヌキ研究の成果を展示 13日から

国立科学博物館の企画展「天皇陛下の御研究と皇居の生きものたち」の内覧会で解説する倉持利明・同博物館動物研究部長=東京都台東区で2019年2月12日午後3時6分、根岸基弘撮影

 企画展「天皇陛下の御研究と皇居の生きものたち」が13日、東京都台東区の国立科学博物館で始まる。皇太子時代からハゼの研究に取り組まれる陛下が、新種として命名した標本6点やスケッチを展示。新しい分類方法の提案など、これまで執筆した論文で使った写真なども並ぶ。

 また、陛下が皇居内のふんからタヌキが何を食べているかなどを調べた結果も展示。このほか、陛下のお言葉がきっか…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです