広島の猫駅長・りょうま死ぬ 豪雨被災の芸備線復興待ち続け 14日に献花台設置

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
JR芸備線志和口駅周辺で乗客を迎えていたころのりょうま=広島市安佐北区白木町で2015年9月18日、菅沼舞撮影
JR芸備線志和口駅周辺で乗客を迎えていたころのりょうま=広島市安佐北区白木町で2015年9月18日、菅沼舞撮影

 西日本豪雨で一部運休となったJR芸備線の志和口(しわぐち)駅(広島市安佐北区)の猫駅長「りょうま」(推定14歳)が12日夕、死んだ。住民団体「りょうまを見守る会」は14日午前10~11時、同駅に献花台を設置し、最後の別れをする。

 2010年に同駅に現れ、13年から非公認駅長に。客足が途絶えた駅で乗…

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文337文字)

あわせて読みたい

注目の特集