メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

傷害容疑で父親を再逮捕へ 年末にも暴行しけがさせた疑い 千葉小4女児死亡

栗原勇一郎容疑者が長女に暴行を加えたとみられる現場のアパート(奥)=千葉県野田市山崎で、橋口正撮影

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡した事件で、傷害容疑で逮捕された父勇一郎容疑者(41)が昨年12月末にも心愛さんに暴行していた疑いが強まったとして、県警は勾留期限の14日に傷害容疑で再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で明らかになった。心愛さんの体には、1月24日の死亡当日以前に加えられた暴行によるものとみられるあざが複数あり、県警は暴行と死亡の因果関係も慎重に調べている。

 捜査関係者によると、勇一郎容疑者は昨年12月末、心愛さんに暴行を加え、けがをさせた疑いがある。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです