メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 宮川サトシ『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』

初夢に母が出てきてくれたから「子供が生まれたよ」と報告できた

◆『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』宮川サトシ・著(新潮社/税別1000円)

 自分を産んでくれた人を失う。親より先に死なないかぎり、誰もがいつかは経験することだ。その時、宮川サトシさんは「遺骨を食べたいと思った」。ある種衝撃的でありながら、共感も覚えずにはいられない哀悼の思い。本作執筆に至るまでの歩みを伺った。

「漫画家を目指し始めたのは32~33歳の頃。でも、もともと何か表現はしたかったんです」

この記事は有料記事です。

残り1206文字(全文1442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです