メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

長友 主審に暴言?判定不服で“Fワード”と複数メディア(スポニチ)

トルコ1部 ガラタサライ3-1トラブゾンスポル(2019年2月10日)

 ガラタサライの日本代表DF長友は10日のトラブゾンスポル戦にフル出場し、3-1の勝利に貢献した。1-1の前半44分には左サイドで味方にパスをつなぎ、決勝弾をアシストした。

     2試合ぶりの勝ち点3を呼ぶ活躍を見せた32歳だが、複数の地元メディアは試合中に長友が主審に対して暴言を放ったと報じている。トルコメディア「Spor X」によると、前半42分、判定に不満を持った長友が主審に対し、2度にわたって、下品で相手をののしる際に使われる“Fワード”を言い放ったという。トルコ1部では8日に行われたフェネルバフチェ-カイセリスポル戦でフェネルバフチェのFWソルダードが主審に暴言を吐いたとしてレッドカードを提示され、退場処分を受けている。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
    2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
    3. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
    4. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
    5. 特集ワイド 結婚は「多くの人納得」必要? 女性皇族の「自由恋愛」定着したが…

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです