メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦順位戦 長岡裕也五段-石井健太郎五段 第2譜

屈指の序盤研究家

 長岡は屈指の序盤研究家として知られる。羽生善治九段と同じ八王子将棋クラブの出身で、将棋誌に載せた最新定跡の精度の高さに目を付けた羽生から研究会に誘われたという。今では羽生の序盤参謀的な存在といえようか。棋士デビュー当時は振り飛車党だったが最近ではオールラウンダーに転じている。

 本局は角換わりを選択し、後手が受けなかった9…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「線引き乱暴」 時短営業しても「協力金」対象外の遊興施設などに不満募る

  2. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです