メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾羊一のめでぃあ亭

平成の次の時代は重くて軽く

 隠居 家主さん、お互い90歳に足をかけた超老人……。

 家主 こっちも午前5時起きだ。眠気覚ましにテレビをつけ、毎朝、「関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅」(NHKBSプレミアム)に付き合っている。

 隠居 わしもだ。先日はスウェーデン編の再放送だった。

 家主 スウェーデンは第一次、第二次世界大戦を「戦争をしない国」で押し通した。人なつこい知宏さんが車窓の景色を眺めては、乗客に話しかける。豊かな草原を描き、作曲にふける……。

 隠居 知宏クンは職業的なインタビューで人々に接しないから、1人暮らしの女性もりんとした生き方で応えてくれる。

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです