メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾羊一のめでぃあ亭

平成の次の時代は重くて軽く

 隠居 家主さん、お互い90歳に足をかけた超老人……。

 家主 こっちも午前5時起きだ。眠気覚ましにテレビをつけ、毎朝、「関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅」(NHKBSプレミアム)に付き合っている。

 隠居 わしもだ。先日はスウェーデン編の再放送だった。

 家主 スウェーデンは第一次、第二次世界大戦を「戦争をしない国」で押し通した。人なつこい知宏さんが車窓の景色を眺めては、乗客に話しかける。豊かな草原を描き、作曲にふける……。

 隠居 知宏クンは職業的なインタビューで人々に接しないから、1人暮らしの女性もりんとした生き方で応え…

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです