メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
松尾羊一のめでぃあ亭

平成の次の時代は重くて軽く

 隠居 家主さん、お互い90歳に足をかけた超老人……。

 家主 こっちも午前5時起きだ。眠気覚ましにテレビをつけ、毎朝、「関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅」(NHKBSプレミアム)に付き合っている。

 隠居 わしもだ。先日はスウェーデン編の再放送だった。

 家主 スウェーデンは第一次、第二次世界大戦を「戦争をしない国」で押し通した。人なつこい知宏さんが車窓の景色を眺めては、乗客に話しかける。豊かな草原を描き、作曲にふける……。

 隠居 知宏クンは職業的なインタビューで人々に接しないから、1人暮らしの女性もりんとした生き方で応え…

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文804文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです