佐賀・玄海原発

2号機、廃炉決定 九電、県と町に報告へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 九州電力は13日午前に取締役会を開き、停止中の玄海原発2号機(佐賀県玄海町)の廃炉を正式に決めた。九電の池辺和弘社長が午後、立地自治体の佐賀県と玄海町に報告する。

 東京電力福島第1原発事故後の新規制基準を満たすため多額の安全対策費が必要となっており、再稼働しても採算が取れないと判断した。

 2号機は1981年3月に運転を始め、東…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

あわせて読みたい

注目の特集