メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改元商戦

過熱 記念硬貨・グッズ・結婚式、イベント化

 5月1日の改元まで3カ月を切った。「平成最後」とのキャッチフレーズが街にあふれ、記念グッズを販売する公的機関は祝賀ムードを盛り上げる。ブライダルや旅行業界も関連の企画を打ち出して商戦は過熱するが、「クリスマスやハロウィーンのようにイベント化している」と指摘する識者もいる。【金志尚、山口知】

 造幣局(大阪市北区)が1月、「平成31(三十一)年」と刻まれた記念硬貨セットの発売予約を募ると、全国から購入希望が殺到した。

 1円玉から500円玉まで硬貨6点に特殊な光沢加工を施し、革ケースに収めたものが特に人気を集める。当…

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1091文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性宅に約40回電話も 元埼玉県議をストーカー規制法違反容疑で逮捕

  2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  3. センバツ「21世紀枠」推薦校、46校出そろう 12月13日に候補校発表

  4. 女優の木内みどりさん死去、69歳 バラエティー番組でも活躍

  5. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです