メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

撤廃訴えた安積さん長女・宇宙さん、多様性認める社会を 札幌で講演 /北海道

 旧優生保護法(1948~96年)下の94年、現在札幌市に暮らすカウンセラーの安積遊歩(あさかゆうほ)さんが車いすに座り、同法撤廃を国際社会に訴えた。旧法が母体保護法に改定され、障害者への不妊手術強制がなくなった96年に誕生した長女、宇宙(うみ)さん(22)が先月、札幌市で講演し、障害者を取り巻く現状と多様性を認める社会実現への思いを語った。【日下部元美】

 遊歩さん同様、生まれつき骨がもろく、小さな衝撃でも骨折を繰り返してしまう障害がある。福祉の専門技術を身につけてソーシャルワーカーになるため、現在ニュージーランドのオタゴ大で初の車いすの留学生として学ぶ。現地では障害者支援の活動にも関わり、昨年同国政府から「共生と多様性賞」も受賞した。

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文898文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  2. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 東陽町駅で視覚障害者の男性が転落し死亡 ホームドアは稼働開始前 東京メトロ

  5. JR東日本vsホンダ熊本 第8日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです