メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いじめ

疑い段階で調査 県教委がマニュアル 「重大事態」に対応 /茨城

 県教育委員会は、いじめにより児童生徒が心身などに被害を受ける「重大事態」が発生した場合への対応を記したマニュアルを作成した。学校などは被害が疑わしい時点で調査し、県教委へ報告するという内容。取手市で2015年に市立中学3年の中島菜保子さん(当時15歳)がいじめを苦にする内容の日記を残し自殺しながら市教委が「重大事態ではない」と判断した問題を踏まえ、県と各市町村の教委が連携して対応にあたるよう整備した。【加藤栄】

 マニュアルの名称は「いじめの重大事態対応マニュアル」。A4判で24ページ。1月に作成され、市町村立…

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文923文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです