府中駅伝

過去最多441チーム力走 拓大一高が好タイムV 一般女子は城西高A /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第72回府中駅伝競走大会(府中市、市陸上競技協会主催、毎日新聞多摩総局など後援)が11日、府中市の中心部を周回するコースで開かれた。気温2~3度のなか、5部門を合わせて過去最多の441チーム(2205人)が健脚を競った。高校男子の部の拓大一高が、一般の部を40秒以上も上回る好タイムで優勝。一般女子は城西高Aチームが、全5区間で1位を譲らず優勝した。【五十嵐英美】

 午前9時10分、スタート地点の京王線府中駅南口「フォーリス」前で開会式があり、高野律雄市長は「市街地を走るコースに昨年から変更し、参加チームが増えている。沿道でたくさん応援してください」とあいさつ。ゲストランナーの北京五輪陸上男子400メートルリレーメダリスト、朝原宣治さんと1区を走った。同市が本拠地のフットサルクラブ「府中アスレティックFC」の選手も参加し、朝原さんから託されたたすきをつないだ…

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文1092文字)

あわせて読みたい

注目の特集