東日本大震災

福島第1原発事故 避難者、体験語る 横浜で支援考える講座 /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故後に福島県から避難した人たちへの支援のあり方などを考える講座が、横浜市青葉区のスペースナナであった。神奈川県内や東京都内に子どもと避難している母親たちがゲストとして参加し、体験などを語った。

 子どもと一緒に福島市から都内に避難した岡田めぐみさんは、情報が少なく孤立した経験から、避難者同士で情報共有する交流の場「むさしのスマイル」を運営している。「事故から8年を迎えるが、避難者がサロンに来ればいつでも情報があるというまち…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文562文字)

あわせて読みたい

注目の特集