参院選

風間氏衆院くら替え、野党候補者選び難航 幹部らに焦り /新潟

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 野党による今夏の参院選新潟選挙区(改選数1)の候補者選びが難航している。立憲民主党の現職、風間直樹氏が先月22日、「衆院選へのくら替え」を表明して以降、各党がさまざまな人に立候補を打診してきたが、色よい返事はもらえていない。対する与党は現職の塚田一郎・自民党県連会長が着々と選挙準備を進めており、野党県幹部たちは焦りの色を強めている。【南茂芽育、北村秀徳】

この記事は有料記事です。

残り1150文字(全文1329文字)

あわせて読みたい

注目の特集