メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鈴鹿市

新年度予算案 一般会計は633億6700万円 過去2番目規模 /三重

 鈴鹿市は12日、2019年度の当初予算案を発表した。一般会計は前年度当初比0・3%減の633億6700万円で過去2番目の規模となった。国体開催に向けた市立体育館の大規模改修事業に約10億円、子ども医療費の窓口無料化を6歳まで拡大する事業に約7億円を計上した。

 歳入は、個人所得の増加傾向などを踏まえ、…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです