メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平群駅周辺整備

区画整理組合、2億円追加負担求める 町財政、赤字転落も /奈良

整備事業が進む近鉄平群駅前。ロータリーが完成し、フェンスの奥では文化センター・図書館建設が進む=奈良県平群町で、熊谷仁志撮影

 平群町の近鉄平群駅周辺整備事業で、地権者らで作る事業主体「平群駅西土地区画整理組合」が、町に対し2億円の追加負担を求めていることが分かった。厳しい財政状況が続く町は2億円を全額負担した場合、2019年度決算で財政赤字に転落する見通しで、対応が注目される。【熊谷仁志】

 事業は、町文化センター・図書館建設が昨秋に始まるなど大詰めを迎えている。ところが、当初地表から確認できなかった地下構造物の撤去費や、橋の工事費などが増え、全体の事業費が約82億円から約84億円になる見通しになった。平群町も一地権者として一定の追加負担は避けられないが、「2億円全額を税金で支出はおかしい」との声もあ…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです