メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県指定文化財

新たに7件 大保の宮座行事など /奈良

木造阿弥陀如来及両脇侍像(田原本町・浄福寺所蔵、鎌倉時代)=奈良県教委提供撮影

 県教委は12日、県指定文化財の新指定7件を発表した。

 浄福寺(田原本町蔵堂)の木造阿弥陀如来及(あみだにょらいおよび)両脇侍像(鎌倉時代)は、本尊が高さ88センチ、両脇侍が62センチ。右脇侍がひざまずき、左脇侍が片膝を立てている姿は、臨終の際に阿弥陀三尊が迎えに来る場面を現している。

 大保の宮座行事(奈良市・大保八坂神社宮座行事保存会保持)は、氏子最高齢者の老主、次に高齢の副老主…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. ORICON NEWS 吉沢悠が新型コロナ感染で入院 「咳、背中の痛み…」PCR再検査で「陽性」確認

  3. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  4. 感染止まらぬ自衛隊 河野防衛相、少人数での会食の禁止も視野

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです