メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見聞録

法隆寺(斑鳩町) 焼けた金堂壁画の公開 一歩前進、耐震性クリア /奈良

金堂壁画1号壁=法隆寺提供

 日本美術史上最大級の痛恨事、法隆寺(斑鳩町)・金堂壁画の焼損(1949年)。壁画や焼け焦げた柱などを保存している収蔵庫(52年築)での公開が可能かどうか、寺は各分野の識者らを集めて金堂壁画保存活用委員会(委員長=有賀祥隆・東京芸大客員教授)を設置して検討を続けてきた。5回目の会合が1月下旬に寺で開かれ、収蔵庫の耐震性に問題がないことが報告された。公開に一歩近づいたが、懸念すべき点も指摘された。【大川泰弘】

 収蔵庫は、床下の独立柱の上に鉄筋コンクリート造り平屋一部2階の建物を乗せた構造。外部委託した耐震診…

この記事は有料記事です。

残り949文字(全文1204文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです