メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌山市

19年度当初予算案 一般会計1567億円、過去最高 扶助費3.6%増、大型施設を整備 /和歌山

和歌山市の2019年度当初予算案の内訳

 和歌山市は12日、2019年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度比56億8300万円(3・8%)増の総額1567億円で、過去最高となった。社会保障費の増額のほか、新たな市民会館や市民図書館、認定こども園などの整備費が総額を押し上げた。市議会2月定例会に提案する。【木原真希】

 ◆歳入

 柱となる市税は、企業収益の伸びを見込んだ法人市民税の増加で前年度比0・8%増の583億円。市街地再開発補助など国や県による支出金は、7・2%増の451億円となった。借金に当たる市債は、災害復旧費を含む建設事業費の増加に伴い16・3%増の202億円。

 臨時財政対策債を除く実質的な市債残高は1178億円で、市民1人当たりで換算すると32万円となる。

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文1012文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で
  3. 鮮明な写真公開 タンカー攻撃で 米政府 「イラン関与」を改めて主張
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 日の出待ち、府警40人が山に 急転直下の逮捕劇 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです