特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

新生の一歩

智弁和歌山 選手紹介/4 根来塁選手/入江諒選手 /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <第91回選抜高校野球大会>

投手こなす器用さ 根来塁(るい)選手(2年)

智弁和歌山の根来塁選手=和歌山市冬野の同校で、砂押健太撮影 拡大
智弁和歌山の根来塁選手=和歌山市冬野の同校で、砂押健太撮影

 身長170センチと大柄ではないため、打撃では下半身の使い方に重点を置き、鋭い打球を放って出塁することを意識している。昨秋の公式戦6試合の打率は5割で、長打もコンスタントに打つ。

 野手として、できるだけ強い球を返球できるよう練習を重ねている。普段は左翼を守っているが、ピンチの時には投手をこなす器用さもある。攻守にわたって着実に結果を残してきた。

 昨年のセンバツでは準決勝までの4試合でいずれもスタメン出場したが、初打席では「緊張で足が震えた」といい、打率2割と振るわなかった。「甲子園で厳しさを思い知らされた。しっかりと準備をして臨みたい」と捲土(けんど)重来を期している。

好機逃さず「挑戦」 入江諒(りょう)選手(2年)

智弁和歌山の入江諒選手=和歌山市冬野の同校で、砂押健太撮影 拡大
智弁和歌山の入江諒選手=和歌山市冬野の同校で、砂押健太撮影

 「挑戦すること」をモットーとしている。練習ではいつも全力を尽くし、守備でも捕れないと思われるような難しい打球に飛びつくガッツをみせる。「いろんな面で未熟」と自己分析するが、チームメートからは「一本筋が通っている」と一目置かれている。

 打撃では球を打つタイミングが若干早く、変化球を苦手としていた。さまざまな球種に幅広く対応できるよう全体練習ばかりでなく、自主練習でも重点を置き、フォームの改善に取り組んでいる。

 人気バンド「ミスターチルドレン」の大ファン。「入江が打ったら点が入るという好機に強い選手になりたい」と話す。ミスチルグッズのお気に入りのタオルで汗をぬぐいながら練習に励んでいる。

次に読みたい

あわせて読みたい