メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

日露交渉 「国境画定で平和条約」 領土棚上げ否定

 安倍晋三首相は12日の衆院予算委員会で、北方領土問題を含む日露平和条約締結交渉について「国境線が画定されたことをもって、領土問題を解決して平和条約を締結する」と述べた。ロシア政府内に根強い「領土問題を棚上げした平和条約締結」を改めて否定した形だ。一方、歯舞群島、色丹島の「2島返還」による条約締結の可能性に関しては明言を避けた。立憲民主党会派の岡田克也元外相の質問に答えた。

 岡田氏が平和条約交渉に臨む姿勢をただすと、首相は「平和条約の対象は、4島の帰属の問題だと一貫した立場だ。これから後退していることは全くない」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文834文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  3. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 旧基準ならもう赤信号…危険水域分かりにくい「大阪モデル」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです