特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

稀勢の里引退 逃げない姿「土俵伝説」に=飯山太郎(東京運動部)

  • コメント
  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2017年春場所で大けがを押して優勝し、日本相撲協会の八角理事長(左)から賜杯を受け取る稀勢の里=エディオンアリーナ大阪で同年3月26日、貝塚太一撮影
2017年春場所で大けがを押して優勝し、日本相撲協会の八角理事長(左)から賜杯を受け取る稀勢の里=エディオンアリーナ大阪で同年3月26日、貝塚太一撮影

 大相撲の横綱・稀勢の里(32)は初場所で引退し、田子ノ浦部屋付きの荒磯親方として新たなスタートを切った。稀勢の里は、朝青龍(38)=引退、白鵬(33)らモンゴル出身横綱がけん引する角界にあって、19年ぶりの日本出身横綱となり相撲人気回復の一翼を担った。

 一方、新横綱場所で大けがをした後は休場が続き、頂点に君臨すべき横綱像を揺るがしかねない数々の不名誉な記録を残した。功罪相半ばする土俵人生だったが、苦境にあっても逃げない姿勢で、力士の本分は全うしたと感じている。

この記事は有料記事です。

残り1805文字(全文2038文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集