メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年米大統領選

民主候補、指名争い大混戦 埋没恐れ独自色に腐心

 【ワシントン高本耕太】2020年大統領選に向けた米民主党の予備選開始まで1年を切り、立候補の動きが活発になっている。9日には党内左派の中心人物エリザベス・ウォーレン上院議員(69)が候補者指名争いへの出馬を正式に宣言。10日には党内穏健派のエイミー・クロブシャー上院議員(58)も立候補を表明した。混戦模様のなか、候補者はそれぞれ自身の特色を前面に掲げ、他候補との差別化に腐心している。

 「鉱山労働者の孫として、教師と新聞記者の娘として、ミネソタ州で初めての女性上院議員として大統領選立…

この記事は有料記事です。

残り1287文字(全文1531文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  5. 戦争の不条理 獄中の嘆き 元陸軍大尉が手記「勝者が敗者裁く」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです