メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

覇権を目指して

イラン革命から40年/下 反米掲げ「革命」輸出 市民苦境も「影響力拡大好機」

イラン革命40年の記念集会で米国旗を燃やす市民ら=首都テヘランで2019年2月11日、タスニム通信・ロイター

 トランプ米政権のイラン経済制裁強化を2日後に控えた昨年11月3日、首都テヘランでは反米集会に向けた準備が進んでいた。「明日の反米集会には絶対に行かなければいけない。(制裁が始まる)今年は例年よりも特別だ」。市内のマドラサ(イスラム教神学校)で教職に就くモルテザさん(43)は、訪れた記者を諭すように言った。

 翌4日は、1979年の同じ日にイラン人の学生が米大使館を占拠した「記念日」だった。反米集会では革命防衛隊の司令官が「経済戦争を仕掛けた米国を倒す」と演説し、「大悪魔」と呼ぶ米国との対決姿勢を強調した。

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1135文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです