メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

農産物の輸送費削減ビジネスへの期待=農業ジャーナリスト・青山浩子

 東京都や静岡県にある約40軒のレストラン・ホテルに野菜を納める杉正農園(静岡県三島市)の杉本正博さんの最近の悩みは、輸送費の値上げだ。まとまった個数の荷物を定期的に送る際に適用されていた料金設定も廃止され、2019年1月より1個あたりの輸送費は従来の2倍以上になった。ドライバー不足に端を発する小口輸送費の値上げは、消費者や外食店等と直接取引する農家にとって共通の悩みだ。「2000円分の野菜の送料が2000円。注文をためらう消費者がいても仕方ない」という農家もいる。

 小口輸送は、特徴ある農産物を生産する農家と、それらを求める消費者や実需者をつなぐ生命線の役割を果た…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文711文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです