メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 あす閣僚級通商協議、見通しは?

 互いに高関税を掛け合う貿易戦争の収拾を目指して、米中両政府は14、15日、北京で閣僚級の通商協議を行う。3月1日の交渉期限が迫る中、米中は妥協できるのか。協議の焦点を、なるほドリーマン君と探った。【北京・赤間清広】

 なるほドリーマン君 米中貿易戦争って今、どうなっているの?

 記者 米中は昨年12月のトランプ米大統領と習近平国家主席による首脳会談で貿易戦争を「一時休戦」し、今年3月1日までの期限付きで通商協議を行うことで合意しました。この合意に沿って、11日から北京で次官級の協議が始まり、14、15日には閣僚級協議が行われる予定です。

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1395文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡99.8%、東京98% 新規感染減に不可欠な「行動抑制率」 専門家が試算

  2. 任天堂、スイッチ国内出荷を一時停止 外出自粛で需要増に生産追いつかず

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 中1女子被害 強制わいせつ容疑者の動画 小倉北署公開

  5. 外出自粛で追い込まれる個人経営の飲食店 業界関係者が応援サイト立ち上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです