メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
将棋

第77期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-羽生善治九段 第34局の2

角道保留の趣向

 盤上は相掛かり。羽生は「最近たまに指される将棋」と話す。注目は後手がずっと角道を開けることを保留している点。

 「[後]3四歩と突くと、[先]2二角成[後]同銀[先]8八銀。以下[先]7七銀~[先]6六銀と進出してくると、6四の銀にプレッシャーがかかる。だから保留しているほうが得かと。ただし、3筋を詰められるリスクはある」(羽生)

 図の時点で実戦例はすでにない。羽生は「手探りの将棋。お互い分かっていない」と言う。後手の趣向に対し…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文664文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです