メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハマりました

クラゲ 水中にたゆたう神秘の生物

写真や手作りバッグをはじめ、クラゲにまつわるグッズを見せる平山博文さん=東京都町田市で、梅田啓祐撮影

 運命的な出会いの瞬間、頭の中に電気が流れるように直感が働くことがあるそうだ。そんな意味の流行語「ビビビッ」が世をにぎわせた1998年、一人のオトコがクラゲのとりこになった。思い続けて、かれこれ20年になる。

 会社員の平山博文さん(55)=神奈川県大和市=は、港湾都市として知られる広島県呉市育ち。が、クラゲはおろか、海に関わることなく成長した。神奈川県内の会社に就職して35歳を過ぎた頃、イルカを見ようと訪れた江の島水族館(現・新江ノ島水族館)で目にしたクラゲの飼育展示。水槽の中で神秘的にたゆたう半透明な生命体を前に「なんて不思議な生き物だろう」。時を忘れて眺めたそうだ。

 帰宅しても、フワフワと浮遊する姿が頭から離れなかった。今ほどインターネットが普及していなかった当時、クラゲに関する情報を手に入れるのは容易ではなかった。生態を分かりやすく解説した書籍も乏しく、研究者を地道に探し当て、メールを送って教えを請うた。無理を承知の行動だったけれど、意外にも丁寧に応じてくれた。その感激は今も忘れない。

この記事は有料記事です。

残り1416文字(全文1868文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  4. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです