メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「盗撮は犯罪」 意識持たせて

盗撮被害はあらゆる場所で起きうる。スカートの中を盗撮される子どもの被害も後を絶たない(写真は本文と関係ありません)=坂根真理撮影

 盗撮事件が後を絶たない。駅のエスカレーターや商業施設、学校など、どこで起きるか分からず、子どもの被害も少なくない。子どもはどんな状況で被害に遭うのか。周囲の大人ができることは何か、探った。

 東日本在住の母親は2016年、当時小学4年生だった息子を小学生に人気の自然体験教室に参加させた。そこで、盗撮の被害に遭った。

 「息子さんが事件に巻き込まれたようです。盗撮されたビデオがありますから、確認するために来てください」。警察からの電話に驚いた母親は、通された部屋で言葉を失った。脱衣所に設置されたと見られるカメラで撮影された動画に息子の裸体が映し出され、胸を触られている様子が出ていたからだ。大きな字で名前をプリントしていたバスタオルのおかげで、被害に遭ったことが分かったという。

この記事は有料記事です。

残り2202文字(全文2542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです