メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡の傍らで

神のようなダンナ お産に立ち会う覚悟=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

 シングルでがんばる女性も多い昨今、妊婦に寄り添うパートナーを僕はダンナ(旦那)と呼んでいます。旦那は仏教の「布施をする信者」から転じて「パトロン」の意でも使われるので、婚姻の有無にかかわらず物心両面で妊婦を支えるイメージに合うのではないでしょうか。

 このダンナのお産の時の行動を見ると、なかなかキャラクターが出ていて面白い。

 あたふたと駆けつけて、あちこちにメールや電話をし、分娩(ぶんべん)に立ち会って泣き、姿が見えないの…

この記事は有料記事です。

残り1056文字(全文1269文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 情熱大陸 世界の深海に挑む美しき人魚姫 世界新記録を持つフリーダイバー・木下紗佑里に密着!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです