メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi AV

ギークな面々はキヤノン渾身の一台、「EOS R」をどう思った?[GetNavi×GEEKERS](GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

GetNaviとGEEKERSがコラボしたガジェット系生配信番組「GetNavi ×GEEKERS」。先日、記念すべき第1回の生配信を終えました。今回のテーマは昨今話題の「フルサイズミラーレス」と「中判ミラーレス」。

 

出演メンバーが、プロフォトグラファー兼プロギークの桐島ローランドさん、絶景写真フォトグラファーのパシャデリック山村健児さん、人気コスプレイヤーかつギーク女子の七瀬さくらさん、そしてカメラ専門誌出身のGetNavi web編集長・山田というカメラ/撮影に関わりのある面々だけあって、初回からギークなトーク全開! その内容を、ダイジェスト版動画とともに3回にわけて振り返っていきます。

今回の番組のために用意されたフルサイズミラーレスカメラは、キヤノン「EOS R」、ニコン「Z 7」、ソニー「α7R III」の3モデル。まずは、昨年秋、満を持してキヤノンから登場した同社初のフルサイズミラーレス「EOS R」についてのトークから!

↑キヤノン「EOS R」。公式オンラインショップでのボディの価格は税別23万7500円

 

EOS Rの印象としては、「(およそ)3000万画素でも十分」「これで23万円は安い」(桐島さん)、「操作しやすい」「比較的ピントも合わせやすい」(山村さん)と上々の反応。桐島さんは特にポートレート撮影時の「色」が気に入ったそうで、「“キヤノンマジック”ですよ」と熱弁していました。

 

と、ここまではベタ褒め状態だったのですが、「シングルスロット」(=入れられる記録メディアが1枚のみ)に話が及ぶと、「キヤノンで1番がっかりなのはこのシングルスロット」(桐島さん)といった厳しい意見も。

 

そして、話題は新マウント対応の交換レンズへ。「RF28-70mm F2 L USM」「RF50mm F1.2 L USM」といった初期ラインナップに対し、「ほかと比べて最初から良いレンズを出してくれている(山村さん)、「これで生きていくんだというくらい気合いが入っていて、のりかえても大丈夫な安心感がある」(山田)と意欲的な姿勢を評価する声があがりました。

 

ダイジェスト動画では実際の作例写真なども交えて紹介しています。

 

次回のGetNavi×GEEKERSは自動調理家電がテーマ

【2月18日 21時から配信!】

2月のGetNavi×GEEKERSの生配信は来週月曜日、18日の21時から配信予定。テーマは自動調理家電で、注目3メーカー(シャープ、ティファール、シロカ)の最新調理家電で実際に調理して食べながら生配信! というのを計画中です。「なんで、このタイミングで自動調理家電?」というと、CESをはじめとして、ここ最近、自動系家電やガジェットがまたどんどん出てきているから。そうした最新トピックを交えながら、紹介していきます!

 

【GEEKERS】

GEEKERS Twitter(@GEEKERSJAPAN) https://twitter.com/geekersjapan

GEEKERS YouTubeチャンネル  https://www.youtube.com/channel/UCs9DzdfhCJvaokRK6NJ9BpQ

【関連記事】
ファンが心酔する“名物レンズ”の魅力とは? ペンタックス「Limited」シリーズで冬の気ままな撮影旅へ!
「中国語を教えてくれる世界初のAIスピーカー」に世界が大注目! しかし、ここが惜しい!!
テクニクスの技術を小型ボディに凝縮! これ1台で色々聴けちゃう「OTTAVA S SC-C50」
仕事帰りに参加OK! パイオニアの最新UHD BDプレーヤーをじっくり楽しむ「夜の視聴会」開催
【 ベスト・オブ・買っていいモノ】天井に取り付けられる最強のプロジェクター「popIn Aladdin」

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. ホスト宅で貴金属盗んだ疑い 「令和のキャッツ・アイ」女2人逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです