メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

玄海原発2号機廃炉 テロ対応拠点の新設など残る課題

廃炉が決定した玄海原発2号機(右)。左は廃炉作業に入っている1号機=佐賀県玄海町で2019年1月17日、本社ヘリから徳野仁子撮影

 九州電力は13日、原発全6基で唯一存廃が決まっていなかった玄海原発2号機(佐賀県玄海町)の廃炉を決め、同社の当面の原発事業の大枠が固まった。これにより老朽化した同原発の再稼働にかかる巨額の費用は免れるが、廃炉には30年もの歳月を要する上、稼働する他の原発にかかる安全対策費用も重い。原発事業の課題は依然として少なくない。

 「廃炉を決めたからといって原子力の課題が全て終わったわけではない。更なる安全性向上という問題もある…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 元パラ選手マリーケ・フェルフートさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  3. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  4. ORICON NEWS 道端アンジェリカ、夫の逮捕で「夫婦の形が少しずつ変わってきています」

  5. 34年目の真実 松橋事件/中 子の人生も狂わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです