メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「誠意ある謝罪が一言あれば…」 韓国国会議長、日本側反発に“戸惑い”も

韓国の文喜相国会議長=川田雅浩撮影

 【ソウル堀山明子】ワシントン訪問中の韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は12日、自身の「天皇謝罪発言」を安倍晋三首相が批判するなど、波紋が広がっていることについて、韓国人記者団に「なぜ大きな問題になるのか。安倍首相まで出てくるのは到底理解できない」と述べ、謝罪は不要との考えを示した。また、慰安婦問題は日本の責任ある指導者による「誠意ある謝罪が一言あれば終わるというところに私の言葉の本質がある」として、問題を長引かせない方法を提案したのが趣旨と強調。日本側の反発に戸惑いがあるようだ。

 発言を巡っては、訪韓した日韓議員連盟の額賀福志郎会長も李洛淵(イ・ナギョン)首相と13日に会談した…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文852文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです