メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都内で初、自動運転バスの実証実験 多摩ニュータウンで始まる

実証実験で公道を走る自動運転バス。運転手の手からハンドルが離れた状態で、自動で進む=多摩市で2019年2月12日、五十嵐英美撮影

 東京都多摩市の多摩ニュータウンで12日、都内の公道では初めての自動運転バスの実証実験が始まった。ニュータウンの住民に、定員8人の小型バスを実際に利用してもらい、実用化できるかどうかを探る。土日を除く22日まで続けられる。【五十嵐英美】

 実験は神奈川中央交通と、ソフトバンクグループの「SBドライブ」が実施し、都が支援している。小型バスが同市内の「豊ケ丘四丁目」バス停―スーパーサントク貝取店間の約1.4キロを、約10分で走る。

 バスは全地球測位システム(GPS)電波と、道路に埋めてある磁気マーカーで位置を把握。プログラムされ…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです