メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春の便りを福島に…鴨川から菜の花 集団避難が取り持つ縁

福島に「春」を届けようと菜の花を収穫する中学生たち=鴨川市「菜な畑ロード」で7日、中島章隆撮影

 東京電力福島第1原発の事故から間もなく8年。事故直後から約1年間、千葉県鴨川市内に集団避難した福島県内の知的障害者施設の入所者のため、市立鴨川中学の生徒11人と市内のボランティアグループのメンバーら約40人が7日、同市広場の花畑「菜な畑ロード」で菜の花の収穫作業をした。

 2011年3月11日の東日本大震災後、原発事故による放射能被害を避けるため、福島県内の9施設から約280人が最長1年…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです