メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銭湯の魅力は人、ペンキ絵は「体を使って」見る 36歳・最年少絵師の心得

 銭湯の浴場に富士山などを描くペンキ絵師は現在、全国に3人しかいない。その一人で最年少の田中みずきさん(36)が今月、東京都墨田区の銭湯「押上温泉 大黒湯」で人気キャラクター「くまモン」が登場する新たなペンキ絵を描き上げた。「銭湯の魅力はやっぱり“人”。それを絵で表現したい」と語る田中さんに銭湯絵師になった経緯などを聞いた。【写真映像報道センター・加藤隆寛】

この記事は有料記事です。

残り1242文字(全文1422文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. リュックの男ためらいなく スリランカ同時テロ現場ルポ 綿密に計画か
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです