「大学の危機を考えるフォーラム」発足 政府「改革」策の問題指摘

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する白川英樹・筑波大名誉教授=東京都の文部科学省で2019年2月13日午後2時13分、酒造唯撮影
記者会見する白川英樹・筑波大名誉教授=東京都の文部科学省で2019年2月13日午後2時13分、酒造唯撮影

 国内のノーベル賞受賞者らが、基盤的経費の削減などの大学が抱える問題を国公私大の枠を超えて考える組織「大学の危機をのりこえ、明日を拓(ひら)くフォーラム」が13日、発足した。3月31日に東京都千代田区の明治大でシンポジウムを開く。

 東京都内で開かれた記者会見で、広渡清吾・元日本学術会議会長は、基盤的経費の削…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

あわせて読みたい

注目の特集