メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

釧路の石炭輸送専用鉄道3月末で運休 国内唯一、94年の歴史に終止符

94年の歴史に幕を下ろすことになる石炭列車=北海道釧路市春採1で8日午後2時31分、平山公崇撮影

 現存する国内唯一の石炭輸送専用鉄道が3月末で運休することになった。「太平洋石炭販売輸送」(釧路市)が運営する臨港線で、北海道釧路市中心部の春採(はるとり)湖の湖畔をゆっくり走る石炭列車が鉄道ファンに人気だった。廃止も検討中で、石炭産業全盛時代から続く94年の歴史に終止符を打つことになる。

 臨港線は、太平洋炭礦(たんこう)の石炭を釧路港まで運ぶため、1925年に開業。選炭工場のある春採と、積み出し港がある知人(しらと)を結ぶ。現在の全長はわずか約4キロだが、最盛期は約216万ト…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  4. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです