メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吹田市地位確認訴訟、大阪地裁が請求を棄却 「雇用期間満了が理由」憲法判断はせず

吹田市役所=大島秀利撮影

 成年後見制度に基づいて保佐人を付けたことを理由に雇用を打ち切られたとして、大阪府吹田市の臨時職員だった知的障害のある男性が、職員としての地位確認と約940万円の損害賠償を市に求めた訴訟の判決で、大阪地裁は13日、請求を棄却した。内藤裕之裁判長は、雇用期間の満了が打ち切りの理由だと判断した。

 訴えたのは塩田和人さん(53)。保佐人を付けた人は公務員になれないと定めた地方公務員法の「欠格条項」が憲法違反だと主張したが、内藤裁判長は欠格条項の違憲性について判断しなかった。

 判決によると、塩田さんは2006年に採用され、パソコン事務を担当。父親ががんで余命宣告を受けたため、市の勧めで11年5月から保佐人を付けたが、同月末に雇用を打ち切られて再任用されなかった。判決は、市が再任用しなかった理由について、欠格条項に基づくものではなく、雇用期間の満了だと判断した。

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです