メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛用のタンデム自転車を前に走れる喜びを語る外園健次さん=鹿児島県肝付町で2018年11月1日、林壮一郎撮影

[PR]

 2ふたりよう自転車じてんしゃ。サドル(腰掛こしかける部分ぶぶん)がふたつあり、たてならんで2ふたりでペダルをんではしるため、1ひとりりよりつよちからます。ぜんせきにハンドルがあり、障害者しょうがいしゃスポーツでは、健常者けんじょうしゃがパイロットとしてぜんせきに、視覚障害者しかくしょうがいしゃこうせきって競技きょうぎをします。2020ねん東京とうきょうパラリンピックでも種目しゅもくひとつとなっています。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

    2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

    3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

    4. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

    5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです