メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真はAP

[PR]

 イランで1979ねんがつ独裁政治どくさいせいじをしいていたパーレビ国王こくおう国民こくみん反発はんぱつして王政おうせいたおしました。それまでパーレビ国王こくおうは、アメリカにささえられながら西洋化せいようかすすめていました。イスラムきょうシーア宗教指導者しゅうきょうしどうしゃホメイニ最高指導者さいこうしどうしゃとなり、イラン・イスラム共和国きょうわこく建国けんこく政治せいじは、イスラムきょうシーアおしえをくに政治せいじ反映はんえいする仕組しくみにわりました。

     どうねん11がつには、ホメイニ支持しじする学生がくせいらが首都しゅとテヘランのアメリカ大使館たいしかん占拠せんきょし、大使館たいしかんいんらを人質ひとじちにしました。解決かいけつまでに444にちかかり、80ねんがつにアメリカとイランは国交こっこうちました。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

    2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

    3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

    4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

    5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです